HOME | オムニハウス商品ラインナップ | Omni house フォレストハット

2×4工法採用。『フォレストハット』で大規模木造を建てる。
大規模、多層階はS造、RC造でという常識からの脱却。


住宅建築等なじみ深い近年の木造建築ですが、ほとんどが2階建住宅で、特殊建築物や、大型 木造物件はあまりなじみがありません。

日本において大規模木造が発展しなかったのは木造なら では の理由からです。火事や空襲、自然災害などで木造建築が燃え、その被害が非常に大きく、 その教訓から1950年(昭和25年)
建築基準法によって大規模木造建築は規制され禁止され ました。

それから2000年(平成12年)に建築基準法が改正されるまでの半世紀もの間、大規模物件はS造、RC造でという常識もあいまって、大規模 木造建築の空白の時間が流れました。
 

 
 

その後、ツーバイフォー建築に大きな変化が出てきたのが、「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が平成22 年10 月施工されてからです。

基本方針の中では木材の利用に努めなけばならないと明記され、木造建築がますます私たちの 身近なものになってきています。さらに大断面、高強度の柱、梁材(PSL、LVL、I型ジョイスト、トラス)の開発が進み、技術革新も目覚ましく、さらには耐火構造も可能となり、ツーバイフォー工法はより大規模化、多層階化が進んでおります。
 


  

難易度は高いですが、難しいからこそ始めて同業他社のいない場所へ。

 

ケーススタディ:特殊材をふんだんに使用した、2×4工法による醍醐味。多用途向け大規模空間
用途提案:多目的ホール、マーケット、道の駅、ギャラリー、カフェ、フィットネススタジオ

 


 


建てるだけで多くのメリット! 2×4工法
 
設計において2×4を選択するメリットは多くあります。箱形構造の為、面で外力を分散、吸収するため抜群の強度を発揮します。また、面構造は気密性が高く、熱を逃がさないので、省エネエコ空間が期待できます。
建物の本体価格を如何に削減していくかが、事業成功の近道でもあり課題でもあります。2×4のメリットでもあるコストダウン。工場でパネルを製作するので昨今の職人不足、単価の高騰にもあまり左右されず更にプランの企画、規格化で工期短縮を実現。勝つ商品づくりが可能です。

耐震性

 

耐火性・防災性

 

機能性・省エネ性

 

 

快適性

環境への配慮

 

システマチックな汎用性

 


 

   CONTACT

当社へのお問い合わせは以下のフォーム、電話までお気軽にご連絡ください。
2×4商品導入をご検討の建設関連企業の方はこちらから問い合わせフォームへ進んで下さい。
 
 

2×4商品にて建築計画をお考えのオーナー様はこちらから問い合わせフォームへ進んで下さい。

 
 

  0287-65-1000